予算特別委員会

【3月7日~9日(木)】 予算特別委員会。4月に市長選挙があるため、市長が交代すれば変わる可能性のある「肉付け予算」は6月議会で審査する予定。今回の3月議会では「骨格予算」を審査しました。私からも複数質問をしましたが、その中から二、三ご報告いたします(抜粋)

大河内) きずなの家は現在7か所あるが、今後も拡大の方向か?当初は専門的な目的で開設した施設が、現在は地域の交流場所となり、当初の目的が薄れているようなところもある。また、支援内容も拡大しているが財源にも限りがある。目的の機能を果たしているか、行政も運営について注視すべきでは。    市当局) 毎年新規に2か所設置する予算をとっている。地域の居場所づくりという考えで運営しており、設置個所数の目標は掲げていないが現在は増やしていきたいと考えている。3か月に一度程度運営者が集まる連絡会議を開き、意見交換を行っている。

大河内) 生活保護事業46億円余りの中で、医療扶助費が22億円弱と一番大きな内訳を占めている。今後、医療費扶助の抑制が課題である。ジェネリック医薬品の利用促進、また過剰医療と不正受給の件数把握はできているのか?   市当局) 医療扶助費適正化のためのレセプト点検や、ジェネリック医薬品の利用促進を行っている。頻回受診、重複受診、長期入院の妥当性について、また障がい者や難病等に対して他の医療制度が利用できないかなども、意見を聞き指導を行っている。 平成27年実績ではレセプト点検で約2000万円の効果があり、ジェネリック医薬品の使用で3950万円余りの抑制となった。障がい者の自立支援制度など他の制度が使用可能が人は503人、頻回受診などの指導対象とした人は15人という状況であった。また、生活保護法第78条の適用に当たる不正受給に関しては、平成29年1月末現在で79件、額は約2600万円であった。

大河内) 国民健康保険運営協議会では、広域化以後はさらに税率が上がり、加入者負担が増えると予測しており、歳出の抑制やレセプト点検の効率化、収納率の向上策など、今できる対策はすべて行う覚悟で取り組むよう、意見が出されている。そういった中で本市は資格証明書を出さない方針をとっている。機械的な運用には問題があると思うが、悪質な滞納者にも資格証明書を出さないという運用はおかしいのではないか。  市当局) 資格証明書では医療機関にかかった場合、10割負担となる。受診機会を阻害することにつながりかねないため、安易に運用すべきではないという考えから、市としては平成22年度から資格証明書を発行していない。毎年行われる県の実地監査では、資格証明書の発行は義務化されているため、見直すよう指摘を受けている。今後の取り扱いについては、短期被保険者証の交付を含めて、本年12月の更新時期までに収納率が上がるよう、見直しを検討したい。

2月後半の活動(抜粋)

【2月23日(木)】 総務常任委員会、及び協議会。

【2月25日(土)】 自民党ひょうご政治大学院にて、党憲法改正推進本部長の保岡興治衆議院議員から「憲法改正」の講義を聴講。「平成12年に設置された衆参両院の憲法調査会で初めて憲法改正が議論され始め、与野党ともに頭をつき合わせてきたが、第1次安倍政権で憲法改正がクローズアップされて頓挫してしまった」「政局から離れ、与野党で静かに議論する方法は踏襲すべき。野党を巻きこみ、もう一度、憲法調査会を動かす努力をしていく」との意欲に頼もしさを感じました。

【2月26日(日)】 自民党宝塚市支部拡大総務会を南口会館にて開催。午後は市役所にて市長予定候補と市議団の記者会見。

【2月28日(火)】 総務常任委員会(審査)にて補正予算等の審議。

【3月1日(水)】 市民の皆さんと担当課を訪問。午後は選挙管理委員会主催の市長選挙説明会に出席。

【3月3日(金)】 発達障害児童を持つ保護者の会の皆さんと市長や担当者への要望申し入れ。

【3月4日(土)】 山本敬子予定候補の事務所開きに参加。午後は自衛隊入隊予定者激励会に出席。

【3月5日(日)】 宝梅地域のイベントに参加。その後、宝塚市茶道同好会のお茶会と自治会会議に出席。

【3月6日(月)】 議会運営委員会(陳情審査)。

2月中旬の活動(抜粋)

【2月13日(月)】 年二回受け入れている学生インターンも今期で11期目となりました。今期は関学と阪大の学生二名です。本日は宝塚市内の観光コースを駆け足で視察。学生は中山寺や清荒神の観光人口が宝塚歌劇より多いことに驚いた様子でした。写真は最近再建なったばかりの中山寺五重塔。

17078476_1213339522094662_742620908_n

【2月14日(火)】 会派会議など。

【2月15日(水)】 常任委員長会議、広報公聴委員会に出席。

【2月19日(日)】 TIFA(宝塚市国際交流協会)新春懇話会。アレッサンドラ・コルフィアスさん(TIFA民間大使)からイタリアの日常についてお話を伺いました。またモンゴルの春蘭さんから馬頭琴の演奏がありました。

【2月20日(月)】 議会運営委員会に出席。同じ会派(自民党議員団)の山本敬子議員が市長選出馬予定のため会派代表と議会運営委員を辞任。冨川議員が会派代表に、私が議会運営委員に就任しました。

【2月21日(火)】 本会議。三月議会がスタートしました。3月末まで常任委員会や予算委員会が続きます。本日は衆議院小選挙区の区割りに関して、「市域を分割しないよう求める意見書」を全会一致で可決いたしました。
宝塚市を含む兵庫6区は全国で一番、一票の格差が大きい区、つまり一番人口が多い選挙区です。そこで一票の格差を少なくするため区割りを変更しなければならないのですが、宝塚市内で区割りされると、例えば武庫川左岸と右岸が別々の選挙区になってしまい、市民も混乱します。
それはやめてほしいという意見書を可決した次第です。

2月初頭の活動(抜粋)

【1月27日(金)】 宝塚市ユネスコ協会の新年互礼会に出席。

【1月28日(土)】 議会報告会(Bグループ)、男女協働参画センターにて。

【1月29日(日)】 自民党宝塚市支部会議。午後は中筋山手自治会防災訓練に参加。

【1月30日(月)】 長男の風邪がうつったのか・・発熱。翌31日まで寝込みました。

【2月2日(木)】 広報公聴委員会の視察日程。委員会のインターネット中継や若者との意見交換に取り組む広島市と大分市の先進事例を学びました。宝塚市でも導入に向けて積極的に検討しています。

16651927_1194305673998047_763602723_n 16699984_1194305307331417_1327270991_n

【2月4日(土)】 ホテル若水(宝塚)にて、宝塚稲門会の新年会に参加。

【2月5日(日)】 市議会意見交換会第二部に出席。司会進行を務めさせていただきました。テーマは「投票率の向上」と「市財政の健全化」。私からは投票率向上に成功した諸外国の事例などを参考に、今後の取り組み等を提案させていただきました。夕刻からは妻側の祖母の通夜式に出席。

【2月6日(月)】 妻側の祖母の葬儀に出席。宝塚市民、91歳でした。

1月後半の活動(抜粋)

【1月13日(金)】 国民健康保険運営協議会に出席。

【1月14日(土)】 防衛関係諸団体新年互礼会に出席。

16359269_1178412708920677_1159659998_n

【1月16日(月)】 広報公聴委員会に出席。

【1月17日(火)】 平成29年度宝塚市総合防災訓練に参加。夜は日本会議阪神北支部にて古事記のレクチャーを担当させていただきました。
22年前の今朝は東京に居住していたのですが、TVをつけて阪神高速が倒れているのを見てびっくり。
宝塚の実家と御影に住む祖母の安否確認のために急ぎ帰郷しました。
安否確認後、救援物資輸送のために阪神間をバイクで往復していましたが、芦屋の辺りを走行中、道路に空いた大きな穴に車輪をとられて転倒。
横を走っていた大型トラックに巻き込まれてバイクは大破したものの、運よく命だけは助かりました。二次災害ですね。
あの日、あの時の記憶を忘れることなく、6400余柱の御霊と被災されたすべての皆様に思いを馳せて、防災・減災の誓いを新たにいたしました。 合掌

【1月19日(木)】 西谷の波豆八幡神社厄除け大祭に参加。波豆八幡神社の創建は天延元年(973)、摂津源氏の祖、源満仲(みなもとのみつなか)の弟、源満政(みなもとのみつまさ)と伝えられています。現在の社は応永十年(1403)に再建された、三間社流造(さんげんしゃながれつくり)の杮葺(こけらぶき)で、確認された最古のもの。国指定重要文化財とされています。

16129356_1825353684403377_500991047_o

【1月24日(火)】 広報公聴委員会に出席。午後は議会研修会と議員総会。地域環境計画研究所(株)の若狭健作先生をお迎えして「街を愉しみ元気を生む9つの視点~近隣市の事例から~」を演題にご講演いただきました。

【1月25日(水)】 国際交流議員連盟の懇談会に出席。副代表を務めている関係で、私から議会の基本的な仕事と取組みについてお話させていただきました。

以上です。ご紹介した日程以外は市民の陳情対応や調査研究活動、個人の政治活動(チラシ作りや配布など)、各種事務処理などに追われております。

自民党「性的指向・性自認に関する特命委員会」関連記事

ネットニュースから、自民党「性的指向・性自認に関する特命委員会」関連記事のご紹介。小職大河内の果たした役割についても触れられていますので、ご一読ください。

【その1】「なぜ自民党が特命委員会を立ち上げたのか?」 

【その2】「罰則規定のない理解増進法を目指す真意は?」

12月末~新年にかけての活動報告(抜粋)

【12月9日~14日】 一般質問日程。

【12月16日(金)】 総務常任委員会、消防サポート隊協力事業所発足式、総務常任委員会協議会、その他。

【12月20日(火)】 本会議(最終日)、議員総会、総務常任委員会。

【12月22日(木)】 宝塚市を含む近隣市里親会の代表さんと面会、貴重なお話を聞くことができました。国民健康保険運営協議会に出席。

【12月29日(木)】 西谷消防団出発式。

【1月4日(水)】 宝塚市仕事始め式、宝塚市新年互例会。

【1月7日(土)】 宝塚市体育協会新年互例会。

【1月8日(日)】 宝塚市消防出初式。

【1月9日(祝)】 宝塚市成人式。

【12月議会 一般質問(概要・12月9日)】

 市職員定員の適正化について
(1) 現行適正化計画の取組結果と評価について
(2) 今後の方針と人件費予測について

 人事評価のあり方について
(1) 人事評価の目的について
(2) 評価主体と対象について
(3) 人事評価方法について
(4) 評価結果の処遇への反映について
(5) 本市における人事評価の課題について

 就学学校変更・区域外就学許可について
(1) 就学学校変更・区域外就学許可について、現状と課題
(2) 花屋敷松ガ丘地区における小学校・中学校の区域外就学について
ア 問題を把握しているか
イ 今後の対応

 

【市職員定数の適正化】
問) 人件費抑制を目標として取り組んできた職員定員削減の方針を180度変更して増員に舵を切ったが、人件費予測は? 答) 人件費に大幅な影響が生じないよう財政状況にも配慮しながら取り組む。 意見) 必ずしも増員に反対するものではないが、12年かけて削減してきた元の定員に5年間で戻す計画で拙速。今後人口が減少することに触れておらず説得性に欠ける。
【人事評価のあり方】
問) 3年前、私の一般質問で当局が約束した「人事評価の処遇への反映」が全く未達成。係長級以下職員に対する処遇への反映状況は? 答) 現在、未反映。職員労働組合との協議を進めたい。 意見) 第五次総合計画の目標にもなっている以上、しっかりと進めてほしい。
【職員給与体系の改革】
問) 係長級への昇格選考(試験)を希望する若手が激減しており、将来の管理職のなり手が乏しい状況。係長級の昇格選考の状況は。 答) 昇格希望者が本当に少なく危惧している状況。
意見) 希望者を増やすには強いインセンティブが必要。昇格しなくても給与が上がり続ける「年功序列型」の現行制度を廃止して、職級と処遇の関係を明確にする必要がある。頑張る職員が報われる公務員制度の構築に向け、箕面市や大阪市等の人事・給与構造改革を参考にしながら本市も改革に取り組むべきだ。
【花屋敷松ガ丘地区における小・中学校就学の問題】
問) 市内で最も通学距離が遠い地区で、平均通学時間は約1時間。入学前に他市へ転出したり、私立中学校へ進学する生徒が非常に多い。隣接する川西市の学校への区域外就学を選択することはできないか?
答) 自治会からも要望があった。逆に川西市満願寺町からは児童を受け入れている。課題はあるが、対応の可能性について検討する。 意見) たとえば、小学生(1年生)が友達と引き離され、家の目前の学校を素通りして過酷な長距離通学を強いられており、縦割り行政の犠牲といえる。前向きに検討を。

11月終盤の活動

【11月28日(月)】 広報公聴委員会。森脇県議ご母堂様通夜式。

【11月29日(火)】 一般質問通告。朝一番に通告し、抽選で私の出番は5番目に。

森脇県議ご母堂様告別式。

【11月30日(水)】 一般質問ヒアリング。

【12月2日(金)】 国民健康保険運営協議会。自民党兵庫県連青年局会合。

【12月3日(土)】 地域の餅つきイベントに参加。自民党政治大学院。誕生日。

15592117_1142194069209208_236543617_n

LGBT ~ 最近の新聞記事から

lgbt%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e281120%ef%bc%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%b0%8f%ef%bc%89

11月20日の朝日新聞にLGBT施策の現状に関する記事が掲載されました。写真には私も小さく写っております。
自民党特命委員会が今年6月に作成したパンフレット(性的指向・性自認の多様性って? ~自民党の考え方~)には①差別禁止ではなく理解増進、②同性婚への慎重姿勢、③ジェンダーフリーとは異なることの3つのポイントが掲げられています。これは国民に対する啓発もさることながら、その前に党内の皆様にも理解していただき易くするためのアナウンスなのですが、実際にはなかなか難しいようです。

人口の5%前後がLGBTの当事者というわけで、ご家族を含めてどなたの周りにも隠れた当事者が何人かはいる計算です。LGBTの課題解消には与党自民党の理解が必須ですが、未だに誤解が解消されていない状況です。

誤解の第一は「LGBTが趣味や嗜好の問題だ」というものです。LGBTは生得的なもので、後天的な趣味や嗜好ではありません。

第二にLGBTへの理解が進んでも、(そのことを原因としては)「少子化」は進みません。また万が一、同性婚が認められたと仮定しても、(そのことを原因としては)「少子化」は進みません。なぜなら、(バイセクシュアルを除いて)LG(B)Tが子供を産む可能性は「そもそも」ほぼないからです。同性婚を制度化している欧米の統計でも実証されています。

第三にLGBTは現に存在する「実在」であり、思想的・観念的に性差を否定する左派的「ジェンダーフリー」とは異なります。この点、保守派の一部がシャルル・フーリエからマルクス・エンゲルス・レーニンに至る家族解体思想を警戒するのは理解できますが、LGBTの問題を一括して共産主義的策謀と考えるのは間違いです。むしろ一部の革新勢力がLGBTを利用していることこそを警戒すべきだと思います。

第四に自民党が施策の主体である限り「同性婚」や「過度な支援」には否定的です。

私は保守派の仲間向けには「LGBTの皆さんも等しく天皇陛下の大御宝である」ことを訴えて理解を求めています。

理解の第一歩として作られた党作成のパンフレットですので、ぜひご覧になってください。 http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/132489_2.pdf

1 2 3 4 5 6 7 12