1月下旬の活動

695-3

【1月23日(金)】

長尾地区の総合防災訓練に参加。私は居住区班の班長を務めました。
その後、宝塚ホテルで開催された「宝塚市議会60周年シンポジウム」に参加。市議会議員は全員スタッフとして立ち働きました。

【1月24日(土)】

ベガホールで行われたアンニョンクレヨンさんのコンサート「こどもたちの船in宝塚」に参加。長男を連れていきましたが楽しんだようです。友達の大切さや戦争のない平和な世界を求める歌が力強くて心に響きました。

【1月25日(日)】

地域のもちつき大会に参加しました。毎年楽しみにしています。

 

駅頭での市政報告配布を始めました

694-3

【1月17日(土)】

翌日の阪神淡路大震災20年目を控えて、宝塚市総合防災訓練に参加いたしました。あれからもう20年・・早いものです。震災の教訓を忘れることのないよう訓練に励みます。

【1月18日(日)】

市議会の政策研究会で「宝塚市の障害者権利条例制定に向けて~合理的配慮を考える~」(宝塚市総合福祉センター)に参加いたしました。
講師の玉木幸則氏はEテレ「バリバラ」の司会を務めている障害者のスター的存在です。仮死状態で生を受け、4歳で肢体不自由児療育施設に入所、小中学校は普通学級、高校は養護学校、1991年に日本福祉大学を卒業。現在、西宮を中心に障害者行政に関わっておられます。
国語辞典には「福祉」とは「幸福」と記されていることを初めて知りました。

【1月22日(木)】

大寒(20日)の翌早朝、伊勢の五十鈴川にて禊(みそぎ)を行いました。
水が冷たすぎて刺すように痛く、まるで熱湯の中に入っているようでした。
邪気と邪念を払い、いよいよ気合いを入れて1期目の政治活動にラストスパートをかけます。翌朝から駅立ちを再開しました。

ご成人おめでとうございます

693-1

【1月11日(日)】

9:30~ 消防出初式に参列いたしました。

【1月12日(月・祝)】

9:30~ 宝塚市成人式に参列いたしました。中川市長と北山議長、そして大串まさき衆議院議員が壇上に立って祝辞を述べられました。今年成人を迎えた方は2,312人。1歳の時に阪神大震災を経験した方々です。ご成人をお慶び申し上げます。

【1月13日(火)】

10:00~ 会派ミーティング

【1月14日(水)】

13:00~ 広報広聴委員会

新年互礼会が続きます

692-1

【1月5日(月)】

8:45~ 仕事始め式に出席
18:00~ 宝塚商工会議所と宝塚青年会議所主催の新年互礼会に参加(写真)

【1月7日(水)】

18日に選挙が予定されている和歌山県御坊市に友人の市議会議員さんの選挙応援に参りました(写真)。まだ公示前なので町は静かでしたが、さすがに南紀!太陽の輝きが阪神間とは異なりました。

【1月10日(土)】

今朝は防衛関係諸団体新年互礼会に参加いたしました(写真)。
宝塚市は伊丹自衛隊駐屯地の隣に位置しているので、市内には自衛隊官舎が多数あります。
午後からは宝塚市体育協会の新年互礼会に出席しました(写真)。

新年のご挨拶

691-1

謹賀新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

平成二十七年 元旦

大河内茂太 拝

写真は家の近くの松尾神社です。
雪が降る中、初詣に参りました。

1万人のラインダンスと私の家族

690-1

27日の読売新聞に「1万人のラインダンス」(11月1日)の記事が掲載されました。
歌劇100周年、市制60周年の特別な年にふさわしい素晴らしいイベントだったと思います。市民が主役のまちを実感しました。

さて、その記事に私の家族が写っていたので紹介させてください。
まず、一番左から姪っ子、次男、長男、義理の母親が写っています。
その隣は、会場で偶然横になった市村浩一郎元衆議院議員とそのご家族です。

私は30歳の頃、市村さんの秘書になって政治修行・人生修行をさせていただきました。
今でも心より感謝しております。

本会議最終日のご報告

【12月16日(火)】

9:30~ 産業建設常任委員会協議会

【12月18日(木)】

9:30~ 本会議最終日

  • ・私どもの会派が提出した「現在行われている職員給与カットの1年間延長を求める議案」は賛成少数のため、否決されました。
  • ・厳しい財政状況の中、積極的な財政の改善努力が見えず、逆に職員給与を元に戻すなど市民の理解を得ることは困難です。大型の土地取得が続く中、ガーデンフィールズ跡地を取得する議案が提出されましたが、いったん立ち止まって考えるべきとの判断から取得議案に反対しました。議案は賛成多数で可決されました。
  • ・議員提出議案「宝塚市議会議場国旗等掲揚条例の制定について」に賛成し、可決されました。

職員給与カットの延長を求める議案を提出

9:30~ 総務常任委員会

宝塚市は国からの給与減額措置の要請を受け入れ、今年1年間、職員給与の約3.17億円分をカットしていました。しかし、未だに本市の財政状況が改善しない状況のままでは、元の給与額に戻すべきではないとの判断から、同じ会派の浅谷あき、伊藤順一、大河内茂太、3名の連名で、現在行われている職員給与カットの1年間延長を求める議案を提出いたしました。総務常任委員会では、この議員提出議案についての質疑応答が行われました。

総選挙最終日

687-1

13日(土)は総選挙の最終の活動日でした。
写真は阪急伊丹駅前でのフィナーレの様子です。
14日(日)の投開票の結果、自民党の大串まさき氏の当選が決まりました。
おめでとうございます。

委員会のネット中継について

663-2

【8月4日(月)】

不登校児童・生徒(最近では大学生まで)へのケアを行っている水野達朗先生のお話を聴講しました(写真)。
いままでの行政対応では限界があるため、家庭教育に力点を置いた支援が必要です。
詳細な聴講報告書を作成しておりますが、ここでは割愛させていただきます。

【8月6日(水)】

広報広聴委員会。懸案の委員会ネット中継等について長時間議論いたしました。1千万円以上の維持費用がかかるため、動画配信ではなく、音声での中継も視野に入れて検討しています。

【8月7日(木)】

「障がいのある人もない人も共に安心して暮らせる宝塚づくり」研究会(政策研究会)で、宝塚市安倉西にある障害者自立生活支援センターを訪れました(写真)。
国は身体障害者や精神障害者を社会から隔離するのではなく、自立を促して独り立ちさせる政策をとっています。地方自治体は障害者が自立して、社会の中で生活できる環境を整備しなければなりません。
今日は宝塚市社会福祉協議会の職員から具体的な対応ケースの説明を受けて、障害者行政の現在と今後を話し合いました。

1 10 11 12 13 14 15