5月前半の活動報告(抜粋)

【5月5日(土)】 5年に1度だけ開催される松尾神社の奇祭「とんとこ祭り」に参加。その後、宝塚稲門会総会に出席。司会を務めました。

【5月6日(日)】 昨年に引き続き、東京レインボープライドに参加。稲田朋美衆議院議員のアテンドを務めました。

1

■稲田朋美・元自民党政調会長(発言録) 政調会長時代に(性的少数者をめぐる)理解増進法案をつくろうとして、できなかったのは、まずはしっかり党内の理解を、となったから。(性的指向・性自認に関する自民党特命委員会の)古屋圭司委員長が党内の理解をじっくりという方針なので、それを一緒にしっかり進めたい。段階を踏んでいくのは重要なこと。「ジェンダー・フリー」とは違って人権の問題と捉え、しっかり法律にしていくということを党内でやっていきたい。理解を増進する法律があって、運用改善も進んでいく。私は法律をつくるべきだと思います。(「東京レインボープライド」のパレード後、朝日新聞の取材に)(朝日新聞デジタル 2018年5月6日)

【5月8日(火)】 祖母の七回忌に出席。15時頃、北野聡子議長と面談。議員辞職願を提出して受理されました。詳細は5月8日付けの投稿を御高覧ください。

【5月11日(金)】 大阪早稲田倶楽部総会に出席。

【5月14日(月)】 宝塚稲門会幹事会に出席。

【5月16日(水)】 京都での式典に出席。夕刻、正司泰一郎元宝塚市長邸のお庭を拝見。美しい薔薇が咲き誇っていました。

32878090_1652395731522370_4090741923197747200_n

【5月17日(木)】 お世話になった皆様へのご挨拶回りや引っ越しの準備、連日の壮行会などで多用にしております。

議員辞職のご報告 ~ 感謝と御礼

各位

私儀、本日の夕刻、市議会議長に議員辞職願いを提出し、受理されましたので、謹んでご報告申し上げます。

まずもちまして、今まで私を支え励まして下さった皆様方に心からの感謝と御礼を申し上げます。

任期を一年残しての辞任については、ご信任くださった皆様に大変申し訳なく、無責任の誹りを免れるものではないと心得ておりますが、およそ半年間悩みぬいた末の決断ですので、何卒、ご理解とご容赦を賜りますようお願い申し上げます。

今後の進路ですが、この6月から元防衛大臣・稲田朋美衆議院議員の公設第一秘書に就任することが内定しております。

この二期7年間を振り返りますと、一期目は議員報酬削減の実現、慰安婦意見書の事実上の撤回などに汗を流し結果を残せたと自負しております。二期目はLGBT関連の失言から人権や福祉の問題に目を向けるようになり、発達障害施策の提言などに取り組んで参りました。

反面、懸案だった文化芸術施設の再検討を実現できなかったことなど、一市議会議員の限界と無力感を強く感じております。

この度の議員辞職の理由は以下の通りです。

LGBT関連の失言を切っ掛けに、二年前、自民党政務調査会性的指向・性自認に関する特命委員会にオブザーバー参加させていただいて以来、自分の声が直接国政に反映されていくダイナミズムに触れ、日本におけるLGBT理解増進の1ページを紡ぐ瞬間に立ち会えることに喜びを感じ、やりがいをもって取り組んで参りました。

しかしながら、未だ自民党内でのLGBTへの理解は十分に進まず、理解増進法の実現は難航しています。

このような状況において、自分自身が主体となって国政で力を尽くしたい、たとえ今は議員秘書という間接的な立場ではあっても、なんとしても国政に携わりたいと強く思うに至りました。

これからお仕えする稲田朋美衆議院議員は上記性的指向・性自認に関する特命委員会を立ち上げてくださったご縁とご恩のある方です。

私は現在47歳。新たな挑戦をする最後の機会だと思い極めております。

できれば来年までの任期を全うしたいのですが、秘書就任の時期の問題からどうしても叶わず、申し訳ありません。

決断にあたっては近しい後援者の皆様と相談を重ね、概ね有難い賛同を得ております。未だご報告できていない支援者の皆様には、これから丁寧に報告し、理解を求めて参ります。

現在、宝塚市議会の自民党議員団は伊福議員、冨川議員、小職大河内の三人。私が抜けると二人になるため、会派の増員や統一地方選挙での自民党候補の選定と応援など、できる限りの協力と支援をして参る所存です。引き続き自民党議員団へご声援をお願い申し上げます。

縷々書き連ねましたが、私の故郷は宝塚しかありません。今後の業務を通じて国政とのパイプを太くし、故郷に対して、市議会議員であった時よりも多くの貢献をいたしたく思います。

二期7年間、本当にありがとうございました。何卒、これからも今までに倍するご交誼を賜り、叱咤激励いただきたく、心よりお願い申し上げます。

深謝

平成三十年五月八日 大河内茂太 拝